×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

EMIAザク改造の『ザクI・どぶねずみ愚連隊チュウヘイ軍曹専用機レプリカ』です。
モチーフにさせていただいたザクの作者であるchuheiさんの所にも投稿させていただきましたがコンペにも参加させて頂きたいのでよろしくお願いいたします。
脚部と上腕とランドセル以外の全パーツがキャストで作ったザクU用のパーツから流用・加工して作っております。
ザクTは最近ガンダムエースの『ジ・オリジン』で活躍してて制作意欲が沸々と湧いておりました。
頭部と胸部と肩アーマーをちょっと加工しただけですけど結構良いですね。
気に入りました^^

武器はUCAGの旧ザクマシンガン。これカッコイイです。
ちょっとドラムが重いのでポーズ取らせるには不向きですのでついでがあったらキャストに素材置き換えてやりたいです。
手首は専用に作ったのでガッチリ持てます。
親指を抜いて銃を放す事も可能です。

あと塗装は・・・一日でやっちゃったので結構失敗してます。
一応チョコ色ベースからの立ち上げなんですけどベタ塗りっぽく見えちゃいますね。
クリアコートに侵されて色が流れたりもしてます。

右肩のどぶねずみ愚連隊マークはオリジナルと同様タトゥーシールで作りました。
初めて使いましたけど、面白いすね。
下地が透けてるのも退色した感じだと脳内補正してます。
銃はまだ軽いドラム作ってないので構えるのが大変です。
左手もグリップにフィットしたものを作ってカッコよく構えさせてやりたいすね。
こちらは右手の銃持ち手です。
塗装の粗さは勘弁してください^^;
ご覧のような作りで親指を抜き差しして銃を持たせてます。
軸は爪楊枝をキャストに鋳込んでます。

肩の関節はご覧の通りの作りです。
ボールジョイントが剥き出しですけど塗装しちゃえばポーズつけた時もそんなに気になりません。(私はですが^^;)
以前お見せしたようにボールジョイント自体を切り継ぎ加工しているので少し作るのに時間がかかります。
でも今となってはこの構造無くしてはこのザクは成立しないと思えるほどポーズの自由度が高く取れる構造です。
ちょっと俯瞰からの前後写真です。
・・・左前からの写真ばっかりになってしまいました。すみません。
実際自分の目で見るときはこういう視点からの事が多いです。
馴染みのあるアングルで見るのがカッコよく感じるんですよね。