×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本機はノーマル版に手を加える形になっておりますので
GM−NR(ノーマルのレビジョン版)という名前を
つけております。

この機体を作ったきっかけは、元々GMが好きで、
・自分なりにほしいGMを実現したかった。
・外装の下にメカがのぞき、外装をはずしてメカを楽しみ
 たい。
・動かした際、不用意な間接の隙間を無くし、代わりに
 隙間などからメカを垣間見れる。
・装甲に動きが制限されない人体と同じ動きを実現したい
・通常動作だけでなく、オーバーアクションの際も流動的
 で自然な動きがとれるようにしたい。
・ひざ、ひじ関節パーツは間延びせず、動いた際は間接パ
 ーツの露出を極力控えた形にしたい
・塗装などにより大きな変化を持たせずとも、又極力本体
 から切り出したPVCにて再生させた形で、オリジナル
 色は出せないものか

という所にありました。

メカ部分及び外装パーツに関しては、その時代背景的に
モノコックフレーム風なものを想像し、その場の思いつき
でイメージした形を一品々ピンセットで組み込んでおります。

胸部装甲が接続される本体側の接続点には、別途ガルウイ
ング型に開く接続パーツを設定しており、メンテナンス遊
びができるようにしています。(開いたパーツの先端側の
み後に本体側パーツとして2分割しております。

先ほど少し触れさせていただきましたが、
・動かした際、不用意な胴体の隙間を無くし、代わりに
 隙間などからメカを垣間見れる。
・装甲に動きが制限されない人体と同じ動きを実現したい
・通常動作だけでなく、オーバーアクションの際も流動的
 な自然な動きにしたい。
という発想に基づき留意しています。
その際センタブロックパーツ(胴体真ん中の縦に長いパ
ーツ)の仕事量はかなり多く、動きに合わせてブロック
パーツが都度、邪魔にならないように個別動作の設定も
行っておりますが、更に深い前方向の前屈に留意し、セ
ンタブロック本体も単体で伸縮動作を行い、更にセンタ
ブロックごと本体側にめり込むといった動作が可能です。
先ほど少し触れましたセンタブロック単体での伸縮動作
になります。(左側:縮んだ状態 右側:通常形態)


2nd版唯一の機能でありましたコクピットブロックの開閉
動作機能はそのまま残し、万一のセンタブロックの被弾な
どを想定し(笑)、コクピット側にも内扉を設定しており
ます。

製作途中時点の画像ではありますが、カメラアイ、頭頂部
カメラはクリアパーツを設定しており、カメラアイは内部
メカを施しております。またカメラ越しに、ぼんやりと内
部のメカが見えるよう少し留意してみました。


キットでは差込式のバズーカラック用のダボ穴が設定され
ておりましたが、今回折りたたみ式(通常時は収納形態、
使用時にラックが展開する。)のラックを新たに設定して
みました。
背面のランドセル側にもバズーカ用ラックをオフセット接
続できるよう留意しております。
合わせてランドセルの形状そのもの、ランドセル側のシー
ルド接続点の形状も変更をかけております。
可動テスト画像になります。
・装甲に動きが制限されない人体と同じ動きを実現したい
・動かした際、不用意な胴体の隙間を無くし、代わりに
 隙間などからメカを垣間見れる。
・通常動作だけでなく、オーバーアクションの際も流動的
 な自然な動きにしたい。
という点を意識した画像になります。
腹部から股間パーツにかけては専用のフレーム型可動
パーツを設定しており、過度動作時などでの胸部、も
もの接触を可能とします。

指パーツは10本すべての指が可動します。
シールドを直接つかんで前方に張り出した画像にな
ります。

こちらも製作中の画像で恐縮ですが、足首は3分割
構成で動きます。

手首はひじ間接と手首との間でもうひとつ可動軸を
設定、更に強度だしを行っている関係で、単独で逆
立ち動作が可能です。

シールド背面はキットに若干のアレンジを加えてお
ります。キットにありました丸い棒状のパーツは切
りとっております。又腕部側のシールドマウント位
置も変更しております。


もも側間接部上部にはシリンダーイメージのものを
設定しています。