×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

先日、ジム改が完成し、パワードジムも塗装し直し、(でも相変わらず、関節・手首・武器は無塗装)となったのですが…
以前一度、某所元管理人様へ連絡差し上げたのですが連絡が取れず…
どこへお邪魔すれば良いやら、と。
そしてこちらへ辿り着きました。
相変わらず写真が下手で申し訳ないのですが、ご覧頂ければ、幸いです。
「バニング小隊、出るぞ!アレン、ついてこい!」

ということでまだマシと思われますこちらの画像も…
ジム改の持っている武器がスプレーガンなのと、
胸部パーツ上部、首と肩の間の形状がジムカスタムのままなのは、私が、こちらの方がバランスや形状が好みのため、です。
(ジムマシンガンは、大きすぎるようなー…)

シールドは…
すみません、ガンダムver2.0の盾は
重すぎる(しかも下腕(=シールド取り付け部)をパテで製作=取り付けラッチ周辺が崩れやすい)上に、反りを直す方法がわからず…
そしてこちらの製作途中の画像ですー。
以前見たことのある方もいらっしゃると思いますが、ご勘弁下さいませ。
新造パーツ、増加製作部分と違和感が少ないよう、元パーツにもちびちびやすりがけしました。
そんな私の部屋には、ガレキのパワードジムも塗装一歩手前で放置されていたり…
せっかくパテ盛りなりプラ版工作してますので、エッジ立てぐらいは、と。
ホント、ジム改って地味に見えますけど、結局改造するにはほぼ全パーツ手を入れないといけないんですよね…
手首パーツや関節部以外で全く手をいれてないのは、
結局、上腕カバーと肩内部パーツぐらいでしょうか。
太ももも手を加えないで済まそうと思えばできますが…
足首パーツやアンクルガードも、金型がへたってきているのか、
ちょっと修正してあげないと見栄え悪かったですし…

表面処理等…
私の作品、身近で見ますと、出来荒いですよ。(笑
実はパワードジムの胸部ダクト内フィン?、曲がってたりしますし<気付いた時には接着済みー。
動かして遊んでたら割れてしまった下腕パーツ、接着はし直しましたがリタッチしてませんしー。
ジム改はバッックパック塗ってない上に塗ってあるところも筆塗りですし。
塗ってるうちにサフが溶け出してきてしまって(重ね塗りし過ぎ)慌てて止めたり。
やはりせっかくですので、ちびちびやすりがけしました。<エッジ立て
上記のとおり、PVCでもやすりは結構効きますので、let'sチャレンジエッジ立て!です。
脚部は、
パワードジム
ふともも=ジムキャノン2、膝関節及びすね及び足首関節=ガンダムVer2.0、アンクルガード=ジムキャノン2、足首=ジムカスタム(ジムキャノン2の足首も同形でしょうけど…)
ジム改
ふとももから足首関節まで=ガンダムVer2.0、アンクルガード及び足首=ジムカスタム
というように交換しただけで、関節配置等は特にいじっていません。
股関節パーツに、ガンダムVer2.0のものを使ったりそのままジムカスタムのものを使ったり変えてみた記憶があるのですが…
どのジムにどの股関節パーツを使ったか、忘れてしまいました。あっはっは。
ジム改のプロポーションバランスは、ジムカスタムとガンダムVer2.0をパーツ交換しただけで出来上がったこの「ちょっと人型離れたような「人型ロボット」」風味プロポーションにビックリドッキリ胸キュンです。
それでいて手足が微妙に細長く見え、「なんか弱そうでGMっぽーい」という絶妙さがまた自分でもお気に入りです。
本当何度でも申し上げますが、これは素材のジムカスタムとガンダムVer2.0の相性の良さが一番の要素ですね。

頭部は簡易複製したのですが、肩は…ガンダムのものにプラ版、アルテコを貼った盛ったで一つ一つ手作りです。いつPVC部分と表面のプラ板が剥がれてしまうかドキドキです。
私の複製スキルのレベルがもっと高ければ…
っていいますか作業場をもっと広くとれるように整頓なりして
キャスト複製に挑戦すればいいんですが…