×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

※じぷたさんの作例ですが、管理人(スマイリー)が記載致します。
管理人のPCに記録されていたデータが飛んでしまい、折角の作例説明が全て消えてしまったせいで、再現することが出来ず、この記事のみ改造主旨のみの説明とさせて頂きます。じぷたさん、本当に申し訳ありませんでした。

○ジムカスタムパーツを使用し、MK−2の改修機をイメージして作成する。
○元々のEMIA塗装は工業用シンナーで綺麗に落とす。
やっと、付属品+仕上げが終わりました。
パッと見、マーク2に見えない様にと目指してみたのですが、如何でしょうか?

で、こちらが付属品?です。

改造点は、パーツの換装でマーク2に戻せるようにしたのと、
頭部のアゴのライン修正と頬の溝の掘り直しくらいです(汗)

・イメージは

強奪機→【AE保管,各テスト(ジム状態)】→【データ収集,各テスト,シュミレーション(マーク2状態)】

と、いったところでしょうか。

今回は、見た目重視で作ってしまったので、設定に関しては色々と想像してもらえると嬉しいです。
でも、もしも、GMカスタムの識別信号なのに、この機体に出会ってしまったら結構焦るかもしれないですね。