×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

今回はマラサイです
アクシズ帰還に大興奮な残党軍の軍人さんが
こんなこともあろうかとティターンズどもからくすねておいたマラサイを
栄光のジオン仕様(要するにザクっぽい感じ)にカスタムして
お祭りに参加するために富士山…じゃなくアクシズを目指すと
そんな感じでしょうか

マラサイはなんだかザクの正当進化版っぽい見た目だから
きっとジオン残党な人たちに人気あったんじゃないかなあ
とか勝手に想像してマラサイ+ハイザックな感じで製作を開始したわけですが
よく考えるとハイザックって連邦製なんですよね
マラサイはまだアナハイムなんでアレですが
根っからのジオニストさん達が連邦製ザクとかどう思うかなあとか考えると
ちょっとミスった感じがします

基本はMIAマラサイとプライズの目が光るマラサイの2個イチ
ザクっぽくするためにMIAハイザックと右肩には松長さんから譲り受けたシールドが!
頭はほぼMIAでおかっぱ部をプライズからもってきて大型化
トサカも角なし(隊長じゃないから)の代わりにセンサーユニットに置き換えたので大型化したとか
そんなイメージで

ザクっぽい部分
シールド裏のサーベルがけっこうお気に入りです

けっこう動くよの図
後は腕を少し太くして細かい部分を追加修正して塗装…
で完成でしょうか

UC0088年、ついに地球圏へと帰還したアクシズへ参加するために
潜伏していたジオン残党兵が「こんなこともあろうかと」
直前の紛争のどさくさに紛れてちょろまかした程度の良いマラサイをレストアした機体
て感じのオラ設定です

バックパックをやられて各坐していたマラサイを鹵獲
破損の酷かったバックパックは当時の普及機だったハイザックとミキシングして復旧
出力は控えめになった代わりに燃費を向上させさらに
単機で長時間稼動を目指しプロペラントの拡充を行い
戦力に乏しい残党軍仕様としています

単機での作戦行動を考え
出来る限り長時間戦えるように固定武装として
左腕にザクマシンガンが組み込まれています
このマシンガンと右肩の盾はきっとこのパイロットの思い出の品なんでしょう
きっとよく使い込まれているはずです

きっとこのパイロットは近接戦闘よりも射撃戦を好む人なんです
…まあぶっちゃけた所
某ガン○ラビル○ーのたっ○んさんに強くインスパイアされているのは言うまでもありませんw
腕武器とか好きなんですよね

左肩のアーマーは背中の部品取りをしたハイザックから頂いています
マラサイのスパイクは無駄に長すぎてタックルもできやしねぇ!
なんて言ったとか言わないとか
頭部はブレードアンテナを外した代わりにセンサーボックスを取り付けられています

カラーは「栄光のザクTカラー!」ということで旧ザクカラーにしてみましたが
どうにも今ひとつな感じがしてなりませんね…

ということでとりあえず完成はさせましたが
今回はイメージも固まってた割りに作りがザツでとても残念な出来になってしまいました
ワシはやっぱりモノアイよりもバイザーの方が作っててテンションが維持できるんだなあとw

塗装前です
なんかこっちのほうがかっこよく見えます
腿にMIAガザC、腿から下にプライズのマラサイをそれぞれ使用
ガザCの腿ロール軸が生きているので元のマラサイよりもポーズの自由度が高い感じです
他はほぼMIAマラサイです