×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

一見簡単そうなザク→旧ザク改造ですが、障害となるのが旧ザク特有の胸部。そこで僕みたいなモンは安易に流用を考えるわけですが、MIAザクIでは小柄すぎてちょっと無理。しかし以前販売されていた食玩(キャンディートイ)の「ハイパーガンダム」の旧ザクのがぴったりでした。
もう店頭では見かけませんが、旧ザクは不人気だった印象がありますので、オクや中古トイの店で安価で入手可能だと思います。
刃物の扱いに注意しつつ胸部を切り出し、受け入れ側のEMIAザクの胸部および腹部のパイプの刺さってる部分も切り欠きます。
あとは旧ザクらしくパイプ類を排除し、頭部を小改造
EMIAの肩アーマーは、トゲの内部までポリキャップの受けになっているので、ネジっぽいモールドでフタをしているフリをしつつ、内部を3mmピンバイスでギリギリまで削って差し込むと・・・
もはや旧ザクにしか見せません!

ライトに改造してみたい方、あるいはザクコンペでアイドリング状態の諸兄には食前酒代わりにいかがでしょうか?
スマイリーさんの言い付けに従い、初アルテコを購入したんですが、「顔にバー使うのはもったいない」と考えたのが運のツキ、結局塗装しちゃいましたが、まだ直します。。。
なんだこの花のなさはっ!?
と驚愕中の8ボールです。みなさんこんばんわ。
ド・スタンダードな旧ザクを目指しましたが、うーん普通。
EMIAの肩アーマーだとバランスが悪いので、旧MIAのものに交換(要加工)しました。

連続アップすいません。なんかいいカットが撮れたので。
ついでに幻すぎる設定の「旧ザク用バズーカと肩のマウントラッチ」も作りたくなってきました。万が一EMIA版旧ザクが出たら付きそうな。。。
EMIAザクIIの可動のための細すぎるウエストは、パイプが付くことで視覚的にうまく感じさせずにいるんですが、それがない旧ザクは、逆に超アスリート体型が強調。格闘戦の草分けの匂い(通称ガデム臭)が充満します。やっぱ旧ザクは素手ゴロがよく似合う! ガンキャノンと組ませてダメージモデル化して、なんちゃってファイナルデュエルセットもありまも。まぁ、ガデム先生の人生のファイナルなだけなんですが。

モノアイですが、Hアイズの裏側を蛍光ピンクで塗る手法です。メタルックや銀色塗装の場合、撮影条件がよくないと効果的ではないんですが、これだととにかくよく光ります。多少マンガ的でもあるので、「08小隊」的な半歩リアルな赤っぽいモノアイがお好みだとちょっと違うかもしれませんが。今回は2.5mm径で穴を開け2mmのHアイズを入れてます。色は透明でも赤クリアーでも大差ありませんW
いきなりウソ画像です。フォトショで色味を変えました。僕はあまり設定色にこだわらず、自分のイメージで調色するんですが、ミツタケさんのアドバイスで「旧ザクカラー」なるものを真剣に考えたところ、深い深い苦悩の渦に飲み込まれたのでした。どうも緑×青はファースト劇中およびMGの設定時で、間にアニメ設定画やリアルタイプの配色などでは「茶がら」みたいな色×青なんですね。これには唸ってしまいましたが、ザクIIとの統一性を考え、かなり茶がら色ではあるけどやっぱ濃緑という線で自分を納得させました。とはいえ、黄色味の強い旧ザクって味があっていいですよねぇ。。。
一応これで限界ですW
肘パットも若干改修して、目立たないようにしました。
シャドーはリアルタッチマーカー+指(指ドライブラシと命名)です。

僕の場合、塗装はエアブラシを使ってます。小さい頃から憧れのツールだったものでW ただこれだけだと均一すぎて味気ないので、ウェザリングはアナログ路線です。
今回は原点回帰の旧ザクなので、ガデム機のイメージです。なので、右肩アーマーとか、武器類もあるんですけど、基本はナシの方向で。となるとこのカットはやらないわけには……。
ところで、ガデムって少佐でしたよね?あと肩の階級賞合ってますかね?ちょっと不安です。