×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アルケーがようやく完成しました!

いやぁ〜、長い戦いでした(^−^;)

<改造データ>

MIA「スローネアイン」を使用しましたが、使えるパーツがほとんどありませんでした。
頭部、胴体はキットをベースに改造し、他は全てプラ板、エポパテでスクラッチしました。
ほぼフルスクラッチです。

・頭部:スローネをベースに設定画を参考に形状を変更しました。途中で納得が行かず、エポパテでスクラッチしてみましたが、あまりにも小さすぎたため、キットのものをさらに小さくしてようやく落ち着きました。一応4つのカメラアイを彫刻刀で彫りましたが、すこぶる小さく、塗装するのが困難でしたので、ラピーテープを細く切ったものを貼りました。「ギラリ」と光ってなかなかカッコイイです。

・胸部:キットをベースに不要なディテールは全て削り落しました。襟はプラ板で作り直すことで形状をシャープにしました。胴体との接続は関節技(中)にしました。スカートアーマー部も同様にいらないディテールは全て埋め、設定通りの形状にしました。肩の関節を上向きに設置することで可動範囲を上げました。

・腕部:肩は前回のソードインパルスで使わなくなった足を芯にプラ板とパテで設定通りにしました。腕もスクラッチしました。手の甲に0.5ミリのプラ板を貼って設定通りにしました。

・脚部:ここも全てプラ板とパテでスクラッチしました。スラスターブロックはエポパテで原型を作り、それを複製して数を揃えました。太ももは太めにアレンジし、関節技(中)で横ロール化しました。関節はキットのものを使い、腕もそうですが市販の丸モールドを貼り付け、設定通りの形状にしました。

・その他:バスターソードはエバーグリーンのプラ板から作りました。柄が付いてる状態から切り出したため、破損の恐れがありません。さらに劇中のように設定画よりも小さめ作ったため、軽くて片手持ちも余裕です。シールドもプラ板から作り、赤の部分は塗装のしやすさを考え別パーツにしました。

<塗装データ>

本体は缶スプレーで塗装し、細かいところは筆塗りしました。

・赤:Gレッド2
・白:ホワイト
・グレー:グレー24+ホワイト
・黄:Gマーカー「イエロー」
・ピンク:Gマーカー「蛍光ピンク」
・レンズ:Gマーカー「メタレッド」+「メタブルー」

スミ入れですが、それほどディテールが入っていないので、今回はリアルタッチマーカーでスミ入れしました。

最後にMr.スーパークリアー「つや消し(UVカット)」を吹いて完成です。

以下お馴染みのポージング集です。

<ポーズ@>

バスターソードは真鍮線で接続するようにしています。本当は装備時に見えてしまう真鍮線を隠すためのカバーパーツを自作したのですが、すっかり忘れました(汗

<ポーズA>

「アルケーと言ったらやっぱりファング!」

ということで、GNファングをMIA「スローネツヴァイ」から流用しました。ウィング部をプラ板で自作し、0.8ミリの真鍮線で通しています。本体とスタンドを挟み込むことでファングの射出が再現できます。

<ポーズB>

足の隠しビームサーベルは白のパーツを差し替えることで再現できます。キットから改造しました。

今まで作りたかった「アルケーガンダム」…ようやく完成することができました。
過去に「あれ作ろう」、「これ作ろうかな」って思っても自分の技術に限界があって完成出来ず、何度も挫折しました。
ですが、何とかアイディアを振りしぼり、このアルケーが作れました。
うれしいです。すごくうれしいです!
作れたことに自分でもビックリしてます。
今回のこのアルケーが、次の改造していく中での「自信」に繋がったかなと思います(^−^)
最後に、紹介できなかた腕のカバーパーツを。
プラ板で作り、軽くディテールをあしらいました。